kanamori 2016年9月1日 04:17:33

プラネタリウム上映の翌日、宙先案内人の高橋真理子さんに、そのつなぐ活動の背景についてご講演いただきます。また海や船、星と、科学つなげて考える題材として、天測をテーマとした工作ワークショップを行います。

 

海や船と星と科学を伝える人のためのワークショップ~海と日本プロジェクト~

 

日時:2016年10月2日(日) 10:00-15:00

 

会場:公立はこだて未来大学(函館市亀田中野町116-2)

 

対象:中高生以上 海、星、科学に関連して伝える活動、つなぐ活動に興味のある方

 

定員:30名(要事前申し込み)

申し込みはメール info◎sciencefestival.jp (◎を@に替える) またはお問い合わせフォームからお願いします。10月2日のワークショップ参加希望であることを明記の上、お名前、ご連絡先のメールアドレスをお知らせください。

 

内容:

第1部(10:00-11:30) 講演「星と人をつなぐ仕事-プラネタリウムとともに」 高橋真理子

第2部(13:00-15:00) 天測を題材とした工作ワークショップ 跡部浩一、高橋真理子

 

高橋真理子さんプロフィール

山梨県在住。北海道大学理学部、名古屋大学大学院で、オーロラの研究に携わる。97年から山梨県立科学館天文担当として、全国のプラネタリウムで類をみない斬新な番組制作や企画を行った。13年に独立、宇宙と音楽を融合させた公演や出張プラネタリウムを「とどける」仕事へ。特に、本物の星空を見ることのできない人たちに対して行う「病院がプラネタリウム」プロジェクトに力を入れる。16年からは、仲間とともに「星つむぎの村」を立ち上げ、「星を介して人をつなぎ、ともに幸せをつくる」場を構築中。

星空工房アルリシャ代表、星つむぎの村共同代表、日本大学芸術学部・山梨県立大学・帝京科学大学非常勤講師。

公式ウェブサイト http://alricha.net/

主催:サイエンス・サポート函館

共催:北海道大学大学院水産科学研究院

協力:NPO法人函館プラネタリウムの会

このイベントは、海と日本プロジェクトの一環で実施しています。

チラシはこちら(前日のプラネタリウムと共通、裏面に情報掲載)



kanamori 2016年9月1日 04:17:25

海や船、星、科学を巡るプラネタリウムとワークショップのご案内です。

函館で、宙先案内人・高橋真理子さんを招いての企画を2つ行います。

まずはプラネタリウム上映会のご案内。

 

海や船と星を巡るプラネタリウム~海と日本プロジェクト~

かつて海を渡った人々にとって、星空は命綱でした。

人はなぜ星を見上げるのか、星空を巡る旅に一緒に出かけましょう。

宙先案内人・高橋真理子さんによるプラネタリウム上映会です。

 

日時:2016年10月1日(土) 7回上映 1回30分間程度

開始時刻 10時・11時・13時・14時・15時・16時・17時

 

会場:函館プラネタリウム館(函館市亀田中野町62-2)

 

対象:子どもから大人まで

 

定員:各回30名 要申込、先着順(こくちーずプロで受け付け)
申込みサイトはこちら

 

参加費:無料

 

お車でお越しの方へのお願い:

道幅が狭いため一方通行にご協力ください。

●行き:石川町側からお入りください。(函館プラネタリウム館この先700mの看板あり)

●帰り:引き返さず、道南四季の杜公園側にそのまま抜けてください。

 

講師プロフィール:
高橋真理子
山梨県在住。北海道大学理学部、名古屋大学大学院で、オーロラの研究に携わる。97年から山梨県立科学館天文担当として、全国のプラネタリウムで類をみない斬新な番組制作や企画を行った。13年に独立、宇宙と音楽を融合させた公演や出張プラネタリウムを「とどける」仕事へ。特に、本物の星空を見ることのできない人たちに対して行う「病院がプラネタリウム」プロジェクトに力を入れる。16年からは、仲間とともに「星つむぎの村」を立ち上げ、「星を介して人をつなぎ、ともに幸せをつくる」場を構築中。

星空工房アルリシャ代表、星つむぎの村共同代表、日本大学芸術学部・山梨県立大学・帝京科学大学非常勤講師。

公式ウェブサイト http://alricha.net/

 

主催:サイエンス・サポート函館

共催:北海道大学大学院水産科学研究院

協力:NPO法人函館プラネタリウムの会

このイベントは、海と日本プロジェクトの一環で実施しています。

 

チラシはこちら

***

プラネタリウム上映の翌日に、今度は伝える活動、つなぐ活動に関心のある方に向けた講演会とワークショップを行います。
函館には、海に関連して、星に関連して、あるいは科学に関連して様々な活動を行っている方がいらっしゃいますが、そのような方々と相互に交流したく、企画しました。紹介は別の記事で



kanamori 2015年12月18日 11:54:49

今年も、科学祭キックオフイベントの時期がやってきました。

2016年1月24日(日)13:30から、函館市地域交流まちづくりセンターで、次回のはこだて国際科学祭に向けたアイデア共有と交流の催し「科学祭2016キックオフ」を開催します。

写真は前回のキックオフイベントの様子

 

はこだて国際科学祭は、子どもから大人まで、様々な人を対象にむけた30件前後のプログラムで構成される科学のお祭りです。科学を楽しむことを入り口に、科学と社会の関係を考えるきっかけをつくることを目的としています。

「科学祭2016キックオフ」は、はこだて国際科学祭2016(会期2016年8月20日~8月28日/テーマ「食」)に向けたアイデア共有と交流のワークショップです。

キックオフイベントでは、科学祭のつくり方を参加者で共有し、アイデアを科学祭2016の具体的な活動に繋げます。

主催関係者のみならず、科学祭に関わりたい方、地域イベントを通しての人づくり、まちづくりに関心のある方のご参加を歓迎します。

科学祭2016キックオフ概要

日時:2016年1月24日(日)13:30-16:30

会場:函館市地域交流まちづくりセンター 2階 多目的ホール
(函館市末広町4-19 ;市電十字街電停徒歩1分)
対象:はこだて国際科学祭に関心を持つ方、
地域イベントを通した人づくり、まちづくりに関心のある方
※科学祭に参加されたことがない方も歓迎します。
申込・お問い合わせ:
サイエンス・サポート函館事務局
(公立はこだて未来大学内)
電話 0138-34-6527(平日9-17時)
メール info☆sciencefestival.jp (☆を@に替える)
メールフォームもお使い頂けます。
※当日会場での申込も受け付けますが、準備の都合上、事前の参加連絡にご協力をお願いします。
※当日17時から、会場を変えての懇親会を予定しています。参加希望の方は申込時、または当日会場でお知らせください。
 
主催:サイエンス・サポート函館/サイエンス・サポート函館 科学楽しみ隊
 
チラシのpdfファイルはこちらから
 


kanamori 2015年2月18日 03:42:13
これまでの、はこだて国際科学祭とサイエンス・サポート函館の取組みを振り返る展覧会を開催しています。
exhibition20150218
 
はこだて国際科学祭3周目へ
サイエンス・サポート函館の6年間
 
日時:2015年2月18日(水)~2月20日(金) 10:00-17:00
会場:公立はこだて未来大学3F ミュージアム(函館市亀田中野町116-2)
入場無料
 
これまでの6回の開催で、「環境」「食」「健康」の年替わりの3つのテーマが2周りし、次回から3周目に入ります。
新たな周回に入るにあたっての振り返りの展示です。
先日1月25日の科学祭2015キックオフイベントでは、サイエンス・サポート函館の活動指針が発表されました。
・科学をまちに出す
 -身近にある科学をみつける
 -研究室にある科学を持ち出す
 -科学と縁遠い人たちに接近する
・みんなで話をする
 -新しいことを知り周囲に語る
 -まわりを巻き込み形にする
 -楽しみながら役立てる
・函館から世界を変える
 -世界で起きていることに目を向ける
 -足元にある課題をみつけ解決する
 -よりよい地球市民となる
 
この3つの活動指針、9つの項目に沿って、写真年表の形式で6年間の活動をまとめました。
これらの活動指針は、明文化こそされていなかったものの、今までもサイエンス・サポート函館の活動の拠り所であったと感じています。
そして、科学祭に関わらず、仲間と新しく何かをつくる際のヒントがあるように思います。


kanamori 2014年12月22日 11:45:10

2015年1月25日(日)13:30から、函館市地域交流まちづくりセンターで、次回のはこだて国際科学祭に向けたアイデア共有と交流の催し「科学祭2015キックオフ」を開催します。


写真は前回のキックオフイベントの様子

 

はこだて国際科学祭は、子どもから大人まで、様々な人を対象にむけた30件前後のプログラムで構成される科学のお祭りです。科学を楽しむことを入り口に、科学と社会の関係を考えるきっかけをつくることを目的としています。

 

「科学祭2015キックオフ」は、はこだて国際科学祭2015(会期2015年8月22日~30日/テーマ「環境」)に向けて、アイデアや意見を共有し、よりよい科学祭の土台をつくるワークショップです。

はこだて国際科学祭は、大学や高専、行政組織等が参加する「サイエンス・サポート函館」が主催、主導する催しですが、その構成プログラムは、科学や教育、まちづくり等に関心を持つ方々と一緒につくり、発展してきました。キックオフイベントでは今一度、科学祭の生み出した価値や目指すべき方向性を考えたいと思います。また、科学祭でやってみたいアイデアも大歓迎です(前回のキックオフイベントでは、温泉を巡るツアーイベントのアイデアが、競馬場で馬の温泉を見学する催しにつながりました)。

多くの皆さまのご参加をお待ちしています。

 

科学祭2015キックオフ概要

日時:2015年1月25日(日)13:30-16:30

会場:函館市地域交流まちづくりセンター 2階フリースペース
(函館市末広町4-19 ;市電十字街電停徒歩1分)

対象:はこだて国際科学祭に関心を持つ方
※参加されたことがない方も歓迎します。

プログラム:

13:30-15:00 トークセッション
科学祭2014参加スタッフの方、科学祭2015出展予定の方などに話題提供をお願いしています。

15:00-16:30 アイデア共有ワークショップ
どんな科学祭にしたいか、科学祭でやってみたいことなどを参加者で話し合います

申込・お問い合わせ:

サイエンス・サポート函館事務局
(公立はこだて未来大学内)
電話 0138-34-6527(平日9-17時)
メール info☆sciencefestival.jp (☆を@に替える)
メールフォームもお使い頂けます。

※当日会場での申込も受け付けますが、準備の都合上、事前の参加連絡にご協力をお願いします。
※当日17時から、会場を変えての懇親会を予定しています(於金森ビヤホール、予算一人4000円程度)。参加希望の方は申込時に併せてお知らせください。

 

主催:

サイエンス・サポート函館/サイエンス・サポート函館 科学楽しみ隊


チラシのpdfファイルはこちらから
kickoff20150125(154KB)



kanamori 2014年4月7日 07:20:14

2008年度から行ってきたサイエンス・サポート函館の一連の活動について、平成26年度文部科学大臣表彰を受賞しました。
平成26年度科学技術分野の文部科学大臣表彰受賞者等の決定について
今年度の科学技術賞、理解増進部門(全国で19件)での受賞です。

この賞はグループで受賞する場合、5名以内という制約があることから、美馬、金森、渡邊儀輝、本村が代表して推薦を受け、受賞することになりました。しかしながら、その業績は、サイエンス・サポート函館(SSH)が取り組んできた、はこだて国際科学祭、はこだて科学網、はこだて科学寺子屋3つの事業によるものです。これまで実行委員・運営委員として関わってくださった皆さん、科学楽しみ隊の皆さん、SSH参加機関の皆さん、各事業にプログラムを提供くださったり協賛頂いた皆さん、各種イベントに出展・出演・ご協力頂いた皆さん、参加頂いた皆さん、一連のきっかけを与え起ち上げを支えてくださったファンディングエージェンシーの皆さん、その他お力添えを頂いた皆さまとの取り組みに対しての受賞です。改めて、感謝申し上げます。

 

※起ち上げた年、マーク・ロゴを定めての記念撮影

 

今回、推薦を受け評価されたたポイントは、地域社会での科学技術コミュニケーション活動の拠点となるような科学館がない函館地域で、皆で力を出し合って拠点となるような仕組みをつくってきたことでした。函館地域の方々と協働していく中で、地域の未来に向けたとても前向きな想いと、函館地域への強い愛着を感じ、幸せな気持ちで仕事をさせて頂いて来ました。

まだまだ出来ていないことは山ほどありますが、科学と社会の関係を考えるきっかけをつくるという理念を持って引き続き活動に臨んで行きます。
今年の「はこだて国際科学祭2014」(会期8/23土~8/31日;7月から8月にかけてプレイベント実施)のテーマは健康。地域の健康課題のことなど踏まえながら、企画を練っています。皆さまのご参加をお待ちしています。

 

最後に、もう一言。
昨年6月に急逝された渡辺保史さんに今回の受賞を捧げます。
起ち上げの時から、はこだて科学寺子屋の事業を担当し、はこだて国際科学祭、はこだて科学網で実施される各種イベントを市民参加でつくるよう取り組んでくださいました。5人目の代表者として一緒に受賞したかったのですが、受賞者に入って頂くことは叶いませんでした。

 

 

※2012年8月のサイエンスクイズラリースタッフ。はこだて科学寺子屋でのフィールドワークの成果を元に皆でつくりあげたプログラム



kanamori 2013年12月21日 03:02:50

2014年1月25日(土)13時から、函館市地域交流まちづくりセンターで、次回のはこだて国際科学祭に向けたアイデア共有のワークショップ「科学祭2014キックオフ」を開催します!
※はこだて国際科学祭2014の会期は2014年8月23日(土)~8月31日(日)、テーマ「健康」です。


#写真は科学祭2013キックオフの様子

 

はこだて国際科学祭では、函館市内各所で子ども向けのものから大人向けのものまで、科学に関わる様々な催しを実施します。
科学を楽しむことを入り口に、科学と社会の関係を考えるきっかけをつくります。

 

一緒に科学祭をつくりませんか?

 

大学や高専、市役所等が参加するサイエンス・サポート函館の主導ではじまった科学祭ですが、市民有志のグループ「科学楽しみ隊」がクイズラリーやサイエンスカフェを企画したり、キックオフイベントのワークショップで出たアイデアから「大人のキッチンサイエンス」を実現したりと、科学や教育、まちづくりに関心を持つ方々と可能性を膨らませながら、発展してきました。
科学祭の生み出した価値、目指すべき方向性を考えながら、次回に向けたアイデアや意見を共有し、よりよい科学祭の土台をつくっていきます。

 

科学祭2014キックオフ概要

日時:2014年1月25日(土)13:00-16:00
会場:函館市地域交流まちづくりセンター 2階フリースペース (函館市末広町4-19 ;市電十字街電停徒歩1分)
対象:はこだて国際科学祭に関心を持つ方 ※参加されたことがない方も歓迎します
プログラム:
13:00-14:30 トークセッション
 これまで関わってきたメンバー等のミニトークを中心に、これまでの取組みを振り返ります。
14:30-16:00 ワークショップ
 科学祭2014の可能性について意見やアイデアを共有します。
申込・お問い合せ:
 サイエンス・サポート函館事務局(公立はこだて未来大学内)
 メール: info◎sciencefestival.jp (◎を@に替える) ※メールフォームもお使い頂けます。
 電話:0138-34-6527(平日9-17時)
 ※事前申込なしの当日参加も受け付けますが、準備の都合上、極力事前の参加連絡をお願いします。
 ※当日17時から、会場をかえての懇親会を予定しています。参加予定の方は申込時にお知らせください。
主催:サイエンス・サポート函館、サイエンス・サポート函館 科学楽しみ隊

チラシのpdfファイルはこちら。
kickoff20140125.pdf (350KB)

 

 



kanamori 2013年10月25日 02:12:05

最先端の科学研究の中には、未知なる世界を解き明かすため、巨大な設備や施設をつくって取り組まれるビッグプロジェクトがあります。

 

昨今話題となった、ヒッグス粒子を検出した加速器(全周27kmの施設!)しかり、原始宇宙を見通すアルマ望遠鏡(パラボラアンテナ66台を標高5千mの高原に展開)しかり。

 

そんなビッグプロジェクトの1つに、地球深部探査船「ちきゅう」のプロジェクトがあります。

この船、全長210m、掘削のためのやぐらの高さは選定から130m、総トン数56,752トン。
(戦艦大和の排水量は64,000トン)

巨大さに驚きますが、真にすごいのはその掘削能力。2500mの深海底から、さらに7500mを掘ることが出来ます。マントルに届きます。

 

この船をつかって解き明かそうとしている、地球の秘密について、プロジェクトを統括する(独)海洋研究開発機構地球深部探査センターのセンター長、東亘さんが愛知県名古屋市で講演します。そして、函館で、地球科学の専門家をゲストに迎え、この講演会を中継します。

ご参加、お待ちしています。

—以下、イベント概要
 

地球深部探査船ちきゅう講演カフェ
 
あいちサイエンスフェスティバルで開催される、最先端の科学研究についての講演会を函館で生中継、その分野に詳しい専門家と一緒に講演会を楽しみます。



◆日時:2013年11月4日(月・休) 13:45-16:30

◆会場:函館市青年センター1Fロビー (函館市千代台町27-5)

◆演題:未踏のフロンティア・深海底下の世界~地球深部探査船「ちきゅう」の新たな挑戦~

◆講師:東垣(あずまわたる) (独)海洋研究開発機構地球深部探査センター長

◆函館サテライトゲスト:紀藤典夫 北海道教育大学函館校教授

◆進行:金森晶作 サイエンス・サポート函館

◆参加費無料、事前申込不要

◆サテライトイベント主催:サイエンス・サポート函館/サイエンス・サポート函館科学楽しみ隊
◆お問い合わせ:
サイエンス・サポート函館事務局(公立はこだて未来大学内)
電話:0138-34-6527(平日09:00-17:30)

 

日本周辺の深海ではプレートが沈み込んでいます。そのため,地震がおきる海溝や海底火山、ガスハイドレート埋蔵域など,活動的で多様な海底環境となっています。地球深部探査船「ちきゅう」は,その海底より下にある人類未踏の地球深部を掘削して調査中。海溝型地震のメカニズムや海底下生命圏についての最新研究を紹介します。



kanamori 2012年11月22日 03:49:11

 
はこだて国際科学祭2013(会期2013年8月17日~8月25日/テーマ「食」)に向けたワークショップを12月16日(日)に函館市地域交流まちづくりセンターで開催します。
4回の開催を重ねた科学祭がどんな価値を創出してきたか,どんな方向性を目指すべきか,個々人はどんな関わり方をしていきたいか,話し合います。
科学祭が持つ多様な文脈を皆さまと共有し,共によりよい科学祭をつくっていく土台と出来ればと思います。
 
◆日時:2012年12月16日(日)13時~16時
◆場所:函館市地域交流まちづくりセンター2階フリースペース
 
(函館市末広町4-19 /市電十字街電停徒歩1分)
◆対象:科学祭に関心を持つ方
 ※参加されたことがない方も歓迎します。
◆プログラム:
13:00-14:30 トークセッション
 美馬のゆり(サイエンス・サポート函館代表)他
14:30-16:00 ワークショップ
 科学祭という「場」の可能性について議論する
◆進行:渡辺保史(サイエンス・サポート函館運営委員)
◆主催:サイエンス・サポート函館
http://www.sciencefestival.jp/
 
◆申し込み:当日の参加も受け付けますが,準備の都合上,極力事前の参加連絡をお願いします。
サイエンス・サポート函館事務局 info◎sciencefestival.jp (◎を@に変える) 電話0138-34-6527(平日9-17時)
※Facebookイベントページでの参加表明でも受付いたします。
 
当日17時から,会場を変えての懇親会を予定しています。
詳しいご案内は当日差し上げます。参加を予定される方は申込時にお知らせください。
 
印刷用のちらし kickoff2013.pdf [308KB]


kanamori 2012年7月26日 05:05:07

はこだて国際科学祭2012のプレイベントがいよいよせまってきました。
2012年7月29日(日),函館市中央図書館の視聴覚ホールを会場に行います。
午前中の研究発表と実験教室「サイエンストーク」は10-12時,午後のワークショップ「2050年委員会inハコダテ」は14-17時の開催です。
 

このエントリーでは午前中10時~12時の「サイエンストーク」を紹介します。

 

「サイエンストーク」は毎年恒例の,高校生等による科学分野の研究発表。
成果を目にする機会は少ないですが,スゴイことをやっています。

 

遺愛女子高等学校地学部の発表は「大森浜の海岸浸食 ~イカ看板のメッセージ~」

今ある砂浜が実は失われ,侵食から守るための消波ブロックを置かなければならないかも知れないこと,ご存知ですか?地形変化についての調査結果の報告です。

 

函館大学付属柏稜高等学校 理科研究部の発表は「TLCとオープンソースを用いたビタミンB2の定量化」
ビタミンB2の量を,高校の実験室でもきちんと測れるような方法を検討しました。

 

北海道函館水産高等学校海洋技術科の発表は「森川海への環境調査 Part.2」
一昨年に続く内容です。専門高等学校である水産高校が継続して取り組んできた,漁業環境の調査の報告です。

 

誇るべき成果を共有し,取り組む高校生たちを応援することが開催の趣旨の1つです。

***
 

発表を聞いた後は,発表者,参加者が共に体験する実験教室です。
扱うのは,函館特産のガゴメ昆布

実物に触れながら,専門家とネバネバの正体に迫ります。

特に来て頂きたいのは,高校生,そして,地域のこれからを考えている人たち。
高校生たちの視点や取り組みが,これからにつながると素敵です。


プレイベントの詳細はこちらからご確認ください。