はこだて国際科学祭2010キックオフ・フォーラム|2年目を迎える科学祭に向けて講演と意見交換のワークショップを開催

kanamori 2009年11月26日 06:03:56

以下,ニュースリリースです。

 

2009年11月26日

サイエンス・サポート函館

 

「はこだて国際科学祭2010キックオフ・フォーラム」

来年,2年目を迎える科学祭に向けて講演と意見交換のワークショップを開催

 

はこだて国際科学祭を主催するサイエンス・サポート函館(代表:美馬のゆり 公立はこだて未来大学教授)では,12月12日(土)15時より函館市中央図書館(五稜郭町26番1号)にて講演会と意見交換のワークショップのイベント「はこだて国際科学祭2010キックオフ・フォーラム」を開催いたします。

 

初めての科学祭として今年8月22日より9日間の会期で開催したはこだて国際科学祭2009では「函館から地球の環境を考える」をテーマに科学に関連したアート作品の展覧会や専門家と語るサイエンスカフェ,サイエンスショーなどを行い,のべ8,500人の来場者がありました(詳細はwebサイトを参照)。2回目として2010年8月21-29日に予定しているはこだて国際科学祭2010では「食」をテーマとし,継続的な運営体制構築に向け,地域への更なる浸透を目指します。本フォーラムはそのスタートとして地域の方々に広く活動を紹介するとともに,協働に向けた意見交換のワークショップを行います。

 

本フォーラム前半の講演会では,サイエンス・サポート函館代表の美馬のゆり(公立はこだて未来大学教授),同アートディレクターで旧上磯町出身の建築家,高田傑(東京藝術大学助教)らが,これまでの活動と今後の展望についてお話します。

後半のワークショップでは,はこだて国際科学祭2010に向けて,どんなプログラムを,どんな場所で,どんな人たちと一緒に作りあげていくことが出来るのか,来場者全員参加のワールドカフェという手法 を用いて意見交換を行います。ワークショップにはサイエンス・サポート函館のアドバイザーで,雑誌「科学」の元編集長の三宅丈夫氏(株式会社学研教育出版デジタルコンテンツ事業室)が特別ゲストとして参加します。また,サイエンス・サポート函館実行委員からは,講演会演者の他,渡辺儀輝(市立函館高等学校教諭),本村真治(函館工業高等専門学校准教授)等が参加し,渡辺保史 (北海道大学科学技術コミュニケーター養成ユニット特任准教授)が進行を担当します。

 

「はこだて国際科学祭2010 キックオフ・フォーラム」

日時:2009年12月12日(土)15:00-17:00

場所:函館市中央図書館 視聴覚ホール(函館市五稜郭町26番1号)

参加費:無料

事前申し込み:不要,当日会場にお越しください

講演会「科学をまちに出してみた」 15:00-15:50

 美馬のゆり(サイエンス・サポート函館代表),

 高田傑(サイエンス・サポート函館アートディレクター)ほか

意見交換のワークショップ(ワールドカフェ形式) 16:00-17:00

 進行:渡辺保史(北海道大学科学技術コミュニケーター養成ユニット特任准教授)

 参加:三宅丈夫氏(株式会社学研教育出版),渡辺儀輝(市立函館高等学校教諭),本村真治(函館工業高等専門学校准教授)ほか

 

 

イベントの問い合わせおよび本ニュースリリースに関わる連絡先:

金森 晶作(かなもり しょうさく; サイエンス・サポート函館コーディネーター,公立はこだて未来大学特別研究員)

公立はこだて未来大学内サイエンス・サポート函館事務局(函館市亀田中野町116番地2)

電話:0138-34-6527

kanamori*fun.ac.jp

(*を@に替えてください。)

お問い合わせフォームはこちら

印刷用のニュースリリースはこちら

kagakusai_kickoff091212_news.pdf[289KB]

 

チラシはこちら(印刷,再配布はご自由にどうぞ)

kagakusai_kickoff091212_chirashi.pdf[415KB]

#チラシに誤植があったため,修正して差し替えました(2009.12.02)。

お手数をおかけしますが,ダウンロード済みの方はファイルの差し替えをお願いいたします。




コメント / トラックバック1件

  1. […] This post was mentioned on Twitter by Yasushi Watanabe, サイエンス・サポート函館. サイエンス・サポート函館 said: coordinator_ blog はこだて国際科学祭2010キックオフ・フォーラム|2年目を迎える科学祭… http://www.sciencefestival.jp/nisshi/2009/11/310.html […]