なべ先生科学実演講座,実習編その1

kanamori 2010年12月28日 11:55:52

 

はこだて科学寺子屋「なべ先生科学実演講座」の第2回目,実習編として「冬休みわくわくサイエンスツアー(リンク先:pdfファイル)」に参加してきました。このツアーはなべ先生こと渡辺儀輝さんが講師を務める企画で,寺子屋の受講生たちはお手伝いスタッフです。

 

わくわくサイエンスツアーは,北海道立工業技術センターを運営する函館市地域産業振興財団主催の企画です。工業技術センターでの科学実験教室と,函館地場産業の工場見学がセットになった親子向けツアーで,今年夏に続き2回目の開催でした。
はこだて国際科学祭2010に出展頂いたご縁もあり,私たちの科学寺子屋の講座の実習の場としても活用させて頂きました。

 

写真で様子を振り返ります。

 

つかみとして,メカニズムが面白い市販のおもちゃを取り出したなべ先生。
雰囲気がなごみました。

 

扱った題材は,午後からの見学先,東和電機製作所で扱っている製品に関係しています。
LED集魚灯に関連した光の実験,そして,海水電解装置に関連した水溶液の電気分解の実験を行いました。

 

RGBカラー(Red:赤色,Green:緑色,Blue:青色),光の3原色の組み合わせで様々な色をつくれることを確かめます。
赤+緑+青=白。

 

それでは,白く見える蛍光灯や水銀灯,LED灯の光はどんな色から出来ているのか,
光を分解してみることができる分光板(回折格子)を目にあてて,色んな光を眺めてみました。
自由研究で詳しく調べたい人向けに”スペクトル”というキーワードを教えてもらいました。

 

それでは,赤色セロファンを巻いた蛍光灯はどうなるの?

 

***

 

続いて電気分解の実験。硫酸銅水溶液を手回し発電機を使って電気分解しました。電極に使ったのはシャープペンシルの芯です。

 

続いて,食塩水(塩化ナトリウム水溶液)の分解。なにやら泡が出てきました。

 

***

 

後ろの大人たちは,科学寺子屋の受講生。若手から年配の方まで,様々な経歴の多彩な方々に受講頂いています。
#カメラを構えているのはSTVの函館市民ニュース取材の方。道南圏向け2011年1月8日11:54から放送予定です。

 

お昼には,主催者からがごめ昆布ソフトクリームをご馳走して頂きました。
 

実習編,その2に続きます。




コメント / トラックバック2件

  1. […] This post was mentioned on Twitter by syosaku_kanamori, サイエンス・サポート函館. サイエンス・サポート函館 said: coordinator_ blog なべ先生科学実演講座,実習編その1:   はこだて科学寺子屋「なべ先生科学実演講座」の第2回目,実習編として「冬休みわくわくサイエンスツアー(リンク先:pdfファイル)」に参加してきました… http://bit.ly/gmWxl1 […]