展覧会「はこだて国際科学祭3周目へ」2月20日まで

kanamori 2015年2月18日 03:42:13
これまでの、はこだて国際科学祭とサイエンス・サポート函館の取組みを振り返る展覧会を開催しています。
exhibition20150218
 
はこだて国際科学祭3周目へ
サイエンス・サポート函館の6年間
 
日時:2015年2月18日(水)~2月20日(金) 10:00-17:00
会場:公立はこだて未来大学3F ミュージアム(函館市亀田中野町116-2)
入場無料
 
これまでの6回の開催で、「環境」「食」「健康」の年替わりの3つのテーマが2周りし、次回から3周目に入ります。
新たな周回に入るにあたっての振り返りの展示です。
先日1月25日の科学祭2015キックオフイベントでは、サイエンス・サポート函館の活動指針が発表されました。
・科学をまちに出す
 -身近にある科学をみつける
 -研究室にある科学を持ち出す
 -科学と縁遠い人たちに接近する
・みんなで話をする
 -新しいことを知り周囲に語る
 -まわりを巻き込み形にする
 -楽しみながら役立てる
・函館から世界を変える
 -世界で起きていることに目を向ける
 -足元にある課題をみつけ解決する
 -よりよい地球市民となる
 
この3つの活動指針、9つの項目に沿って、写真年表の形式で6年間の活動をまとめました。
これらの活動指針は、明文化こそされていなかったものの、今までもサイエンス・サポート函館の活動の拠り所であったと感じています。
そして、科学祭に関わらず、仲間と新しく何かをつくる際のヒントがあるように思います。



コメントは受け付けていません。