‘お知らせ’ カテゴリーのアーカイブ

kanamori 2016年12月30日 12:31:16

はこだて国際科学祭2017(2017年8月開催/テーマ健康)に向けてのキックオフイベントを開催します。

はこだて国際科学祭の特徴の1つは、科学祭に関心を持つ人みんなでつくりこんでいくこと。

キックオフイベントで、アイデアを出し合い、深め、共有し、実際の催しに反映させていきます。

キックオフイベントは、興味のある方であれば、どなたでもご参加いただける開かれた催しです。

実際に科学祭の中でやってみたいことがあることはもちろんのこと、2017年テーマ「健康」に関連した問題意識のある方、科学祭に何となく関心を持ってくださっている方、科学や研究者の仕事に興味の湧く方などなど、多くの方々のご参加をお待ちしています。

 

前回は、新企画「大人の畑ツアー」や、食品廃棄の問題を取り上げたシンポジウムなどがキックオフイベントを契機として実現しました。一緒に興味関心や問題意識を掘り下げ、科学祭を通して、函館を面白いまちにしていきましょう。

***

科学祭2017キックオフ概要

日時:2017年1月22日(日)14:00-17:00

会場:函館市地域交流まちづくりセンター 2階 多目的ホール
(函館市末広町4-19 ;市電十字街電停徒歩1分)
 
対象:はこだて国際科学祭に関心を持つ方、
地域イベントを通した人づくり、まちづくりに関心のある方
※科学祭に参加されたことがない方も歓迎します。
 
プログラム:
◯前半 トークセッション
科学祭に関わってきたメンバーや、2017年テーマ「健康」に関わる活動をしてきた方からの話題提供
◯後半 アイデア共有のワークショップ
科学祭2017でやってみたいこと、扱いたい話題がある人とグループをつくり、内容を深めます
 
申込・お問い合わせ:
サイエンス・サポート函館事務局
(公立はこだて未来大学内)
電話 0138-34-6527(平日9-17時)
メール info☆sciencefestival.jp (☆を@に替える)
メールフォームもお使い頂けます。
※当日会場での申込も受け付けますが、準備の都合上、事前の参加連絡にご協力をお願いします。
※当日17:30から、会場近くで飲食を伴う懇親会を予定しています。参加希望の方は申込時、または当日会場でお知らせください。
 
主催:サイエンス・サポート函館/サイエンス・サポート函館 科学楽しみ隊

チラシのpdfファイルはこちらから

kickoff20170122

はこだて国際科学祭の様子は、ぜひ動画でご覧ください。



kanamori 2014年12月22日 11:45:10

2015年1月25日(日)13:30から、函館市地域交流まちづくりセンターで、次回のはこだて国際科学祭に向けたアイデア共有と交流の催し「科学祭2015キックオフ」を開催します。


写真は前回のキックオフイベントの様子

 

はこだて国際科学祭は、子どもから大人まで、様々な人を対象にむけた30件前後のプログラムで構成される科学のお祭りです。科学を楽しむことを入り口に、科学と社会の関係を考えるきっかけをつくることを目的としています。

 

「科学祭2015キックオフ」は、はこだて国際科学祭2015(会期2015年8月22日~30日/テーマ「環境」)に向けて、アイデアや意見を共有し、よりよい科学祭の土台をつくるワークショップです。

はこだて国際科学祭は、大学や高専、行政組織等が参加する「サイエンス・サポート函館」が主催、主導する催しですが、その構成プログラムは、科学や教育、まちづくり等に関心を持つ方々と一緒につくり、発展してきました。キックオフイベントでは今一度、科学祭の生み出した価値や目指すべき方向性を考えたいと思います。また、科学祭でやってみたいアイデアも大歓迎です(前回のキックオフイベントでは、温泉を巡るツアーイベントのアイデアが、競馬場で馬の温泉を見学する催しにつながりました)。

多くの皆さまのご参加をお待ちしています。

 

科学祭2015キックオフ概要

日時:2015年1月25日(日)13:30-16:30

会場:函館市地域交流まちづくりセンター 2階フリースペース
(函館市末広町4-19 ;市電十字街電停徒歩1分)

対象:はこだて国際科学祭に関心を持つ方
※参加されたことがない方も歓迎します。

プログラム:

13:30-15:00 トークセッション
科学祭2014参加スタッフの方、科学祭2015出展予定の方などに話題提供をお願いしています。

15:00-16:30 アイデア共有ワークショップ
どんな科学祭にしたいか、科学祭でやってみたいことなどを参加者で話し合います

申込・お問い合わせ:

サイエンス・サポート函館事務局
(公立はこだて未来大学内)
電話 0138-34-6527(平日9-17時)
メール info☆sciencefestival.jp (☆を@に替える)
メールフォームもお使い頂けます。

※当日会場での申込も受け付けますが、準備の都合上、事前の参加連絡にご協力をお願いします。
※当日17時から、会場を変えての懇親会を予定しています(於金森ビヤホール、予算一人4000円程度)。参加希望の方は申込時に併せてお知らせください。

 

主催:

サイエンス・サポート函館/サイエンス・サポート函館 科学楽しみ隊


チラシのpdfファイルはこちらから
kickoff20150125(154KB)



kanamori 2014年4月7日 07:20:14

2008年度から行ってきたサイエンス・サポート函館の一連の活動について、平成26年度文部科学大臣表彰を受賞しました。
平成26年度科学技術分野の文部科学大臣表彰受賞者等の決定について
今年度の科学技術賞、理解増進部門(全国で19件)での受賞です。

この賞はグループで受賞する場合、5名以内という制約があることから、美馬、金森、渡邊儀輝、本村が代表して推薦を受け、受賞することになりました。しかしながら、その業績は、サイエンス・サポート函館(SSH)が取り組んできた、はこだて国際科学祭、はこだて科学網、はこだて科学寺子屋3つの事業によるものです。これまで実行委員・運営委員として関わってくださった皆さん、科学楽しみ隊の皆さん、SSH参加機関の皆さん、各事業にプログラムを提供くださったり協賛頂いた皆さん、各種イベントに出展・出演・ご協力頂いた皆さん、参加頂いた皆さん、一連のきっかけを与え起ち上げを支えてくださったファンディングエージェンシーの皆さん、その他お力添えを頂いた皆さまとの取り組みに対しての受賞です。改めて、感謝申し上げます。

 

※起ち上げた年、マーク・ロゴを定めての記念撮影

 

今回、推薦を受け評価されたたポイントは、地域社会での科学技術コミュニケーション活動の拠点となるような科学館がない函館地域で、皆で力を出し合って拠点となるような仕組みをつくってきたことでした。函館地域の方々と協働していく中で、地域の未来に向けたとても前向きな想いと、函館地域への強い愛着を感じ、幸せな気持ちで仕事をさせて頂いて来ました。

まだまだ出来ていないことは山ほどありますが、科学と社会の関係を考えるきっかけをつくるという理念を持って引き続き活動に臨んで行きます。
今年の「はこだて国際科学祭2014」(会期8/23土~8/31日;7月から8月にかけてプレイベント実施)のテーマは健康。地域の健康課題のことなど踏まえながら、企画を練っています。皆さまのご参加をお待ちしています。

 

最後に、もう一言。
昨年6月に急逝された渡辺保史さんに今回の受賞を捧げます。
起ち上げの時から、はこだて科学寺子屋の事業を担当し、はこだて国際科学祭、はこだて科学網で実施される各種イベントを市民参加でつくるよう取り組んでくださいました。5人目の代表者として一緒に受賞したかったのですが、受賞者に入って頂くことは叶いませんでした。

 

 

※2012年8月のサイエンスクイズラリースタッフ。はこだて科学寺子屋でのフィールドワークの成果を元に皆でつくりあげたプログラム



kanamori 2013年10月25日 02:12:05

最先端の科学研究の中には、未知なる世界を解き明かすため、巨大な設備や施設をつくって取り組まれるビッグプロジェクトがあります。

 

昨今話題となった、ヒッグス粒子を検出した加速器(全周27kmの施設!)しかり、原始宇宙を見通すアルマ望遠鏡(パラボラアンテナ66台を標高5千mの高原に展開)しかり。

 

そんなビッグプロジェクトの1つに、地球深部探査船「ちきゅう」のプロジェクトがあります。

この船、全長210m、掘削のためのやぐらの高さは選定から130m、総トン数56,752トン。
(戦艦大和の排水量は64,000トン)

巨大さに驚きますが、真にすごいのはその掘削能力。2500mの深海底から、さらに7500mを掘ることが出来ます。マントルに届きます。

 

この船をつかって解き明かそうとしている、地球の秘密について、プロジェクトを統括する(独)海洋研究開発機構地球深部探査センターのセンター長、東亘さんが愛知県名古屋市で講演します。そして、函館で、地球科学の専門家をゲストに迎え、この講演会を中継します。

ご参加、お待ちしています。

—以下、イベント概要
 

地球深部探査船ちきゅう講演カフェ
 
あいちサイエンスフェスティバルで開催される、最先端の科学研究についての講演会を函館で生中継、その分野に詳しい専門家と一緒に講演会を楽しみます。



◆日時:2013年11月4日(月・休) 13:45-16:30

◆会場:函館市青年センター1Fロビー (函館市千代台町27-5)

◆演題:未踏のフロンティア・深海底下の世界~地球深部探査船「ちきゅう」の新たな挑戦~

◆講師:東垣(あずまわたる) (独)海洋研究開発機構地球深部探査センター長

◆函館サテライトゲスト:紀藤典夫 北海道教育大学函館校教授

◆進行:金森晶作 サイエンス・サポート函館

◆参加費無料、事前申込不要

◆サテライトイベント主催:サイエンス・サポート函館/サイエンス・サポート函館科学楽しみ隊
◆お問い合わせ:
サイエンス・サポート函館事務局(公立はこだて未来大学内)
電話:0138-34-6527(平日09:00-17:30)

 

日本周辺の深海ではプレートが沈み込んでいます。そのため,地震がおきる海溝や海底火山、ガスハイドレート埋蔵域など,活動的で多様な海底環境となっています。地球深部探査船「ちきゅう」は,その海底より下にある人類未踏の地球深部を掘削して調査中。海溝型地震のメカニズムや海底下生命圏についての最新研究を紹介します。



kanamori 2012年11月22日 03:49:11

 
はこだて国際科学祭2013(会期2013年8月17日~8月25日/テーマ「食」)に向けたワークショップを12月16日(日)に函館市地域交流まちづくりセンターで開催します。
4回の開催を重ねた科学祭がどんな価値を創出してきたか,どんな方向性を目指すべきか,個々人はどんな関わり方をしていきたいか,話し合います。
科学祭が持つ多様な文脈を皆さまと共有し,共によりよい科学祭をつくっていく土台と出来ればと思います。
 
◆日時:2012年12月16日(日)13時~16時
◆場所:函館市地域交流まちづくりセンター2階フリースペース
 
(函館市末広町4-19 /市電十字街電停徒歩1分)
◆対象:科学祭に関心を持つ方
 ※参加されたことがない方も歓迎します。
◆プログラム:
13:00-14:30 トークセッション
 美馬のゆり(サイエンス・サポート函館代表)他
14:30-16:00 ワークショップ
 科学祭という「場」の可能性について議論する
◆進行:渡辺保史(サイエンス・サポート函館運営委員)
◆主催:サイエンス・サポート函館
http://www.sciencefestival.jp/
 
◆申し込み:当日の参加も受け付けますが,準備の都合上,極力事前の参加連絡をお願いします。
サイエンス・サポート函館事務局 info◎sciencefestival.jp (◎を@に変える) 電話0138-34-6527(平日9-17時)
※Facebookイベントページでの参加表明でも受付いたします。
 
当日17時から,会場を変えての懇親会を予定しています。
詳しいご案内は当日差し上げます。参加を予定される方は申込時にお知らせください。
 
印刷用のちらし kickoff2013.pdf [308KB]


kanamori 2011年11月25日 01:19:12

チラシPDFファイル(345KB)

 

4回目を迎えるはこだて国際科学祭2012(テーマ「環境」;会期:2012年8月18~26日)に向けて,意見交換・交流のイベント「科学祭2012キックオフ」を企画いたしました。

・科学祭にアイデアや意見をお持ちの方
・プログラムの企画・運営に関わりたい方
・科学を楽しみたい方
その他大勢の皆様のご参加をお待ちしています。

◆日時:2011年12月11日(日)13:00-16:30

◆会場:函館市産学官交流プラザ オープンスペース
 函館市港町3丁目1番1号 北海道大学函館キャンパス内
 マリンサイエンス創成研究棟

◆プログラム
 13:00-13:30 講演:科学をまちに出す
  美馬のゆり(サイエンス・サポート函館代表,公立はこだて未来大学教授)
 13:30-14:30 北海道大学水産科学館見学会
  →北大・大学院生の方に解説をお願いしています!
 14:30-15:30 意見・アイデア共有のワークショップ
 15:30-16:30 懇親会 ※有料,任意参加

◆参加費
 懇親会参加の場合のみ必要:500円

◆主催:サイエンス・サポート函館
http://www.sciencefestival.jp/

◆申込・お問合せ
サイエンス・サポート函館事務局(担当:金森)

・電子メール:info◎sciencefestival.jp(◎を@に替えてください)
 ※メールフォームもご利用頂けます
 
(12月10日追記)
事前申込へのご協力,ありがとうござました。
当日参加も大歓迎です。
参加を希望される方は当日直接会場にお越しください。

 



kanamori 2011年7月19日 08:48:01

今年,2011年のはこだて国際科学祭は,7月31日(日)開催のプレイベント
「サイエンストーク&健康と科学の講演会」からはじまります。

サイエンストークは社会の将来を担う高校生世代と一緒に社会と科学の関係を考えていくセッションとして,はこだて国際科学祭で毎年開催してきた恒例プログラムです。
高校生,専門学校生等の科学分野の研究発表を行います。
今年は高校生が参加しやすい夏休み期間に,プレイベントとして開催することとしました。
併せて,はこだて国際科学祭2011のテーマ「はこだて・健康・みらい」にちなみ,笑いと健康の関係について,国立函館病院の伊藤一輔院長が講演します。

#写真は昨年のサイエンストークの様子。

#2009年のレポート|高校生が見つめる函館と科学の展望 – サイエンストーク

#2010年のレポート|はこだて国際科学祭2010、ついにスタート@ファンテナ

 

***

今年,コーディネーター一押しは,昨年,国際生物学オリンピックで金メダルを受賞し,今年は科目をかえて,国際化学オリンピックに挑戦,見事銀メダルを受賞した,栗原沙織さん(北海道札幌西高等学校)の発表です。

科学オリンピックの日本代表となるには,全国の秀才が集う合宿を経て,選抜されなければなりません。
一科目でも大変な中,科目をかえての日本代表,そして科目をかえてのメダル。
挑戦する意識,世界の代表との交流,きっと素晴らしい経験をされてきたことでしょう。

他にも,介護実習を経ての函館臨床福祉専門学校の発表,本格的な科学研究に取り組む函館白百合学園中学高等学校理科部,地産地消弁当の大野農業高等学校など盛りだくさん。

そして,健康にちなんだ講演は,「笑いと健康の不思議な関係」。タイトルからして面白そう。一押しはしちゃいましたが,盛りだくさんなのです。

 

以下,今年の開催概要です。

日時:2011年7月31日(日) 10:00~12:30
会場:函館市中央図書館視聴覚ホール (函館市五稜郭町26-1)
定員:100人 予約不要 対象:一般市民,高校生以上向け 入場料:無料
主催:サイエンス・サポート函館 ※
協力:北海道保健福祉部健康安全局
 

◆サイエンストーク出演者と内容:

1.函館臨床福祉専門学校
◯発表タイトル(2題):「日常生活を充実するために」「日常生活に楽しみをみつけるために」
科学祭テーマ「健康」にちなみ,介護・福祉の話題について,専門学校生2名が,介護実習先での取組みを科学的根拠からまとめた成果を発表します。

2.函館白百合学園中学高等学校理科部
◯発表タイトル「アサガオの蕾形成について」
昼と夜の長さの違いの影響を受ける,植物の蕾の性質について,高校1年の3名がアサガオを例に発表します。同理科部の取組みは独立行政法人科学技術振興機構(JST)「中高生の科学部活動振興事業」に採択され,また,同理科部の教育活動は今年6月に第7回小柴昌俊科学教育賞奨励賞を受賞するなど,全国的な評価を受けています。

3.北海道大野農業高等学校 生活科学科食育班
◯発表タイトル「「地産地消」~地元食材菜発見~」
子供も喜んで食べる栄養バランスのとれたお弁当を地産地消の観点から調査・研究してきた同校の取組みについて発表します。同校開発のお弁当は,プレイベント終了後,函館市中央図書館内のカフェ「ボルヤン」で購入することが出来ます(限定20個販売)。

4.化学グランプリ・オリンピック委員会 オリンピック小委員会委員長 米澤宣行氏(東京農工大学教授),第43回国際化学オリンピック代表 栗原沙織さん(北海道札幌西高等学校3年)
◯発表タイトル「国際科学オリンピックを通して見えてきた世界の科学」
日本は,高校生の国際的なコンテスト「国際科学オリンピック」に数・物・化・生・情報・地理・地学の7教科で参加しています。科学オリンピックの役員を務める米澤宣行氏(東京農工大学 教授)が世界標準の科学とはどういうものか,を専門の化学を例に紹介します。また,昨年,国際生物学オリンピックで金メダルを受賞した栗原沙織さん(北海道札幌西高等学校3年)が,今年科目をかえて挑戦した第43回国際化学オリンピックトルコ大会の参加体験を報告します。
 

◆健康と科学の講演会出演者と内容:
伊藤一輔氏(独立行政法人国立病院機構 函館病院 院長)
◯演題「笑いと健康の不思議な関係」
[講師略歴]医学博士。専門は循環器内科・循環器心身医学。著書に「よく笑う人はなぜ健康なのか」(日本経済新聞出版社)。
[講演内容]笑いと涙は最高のクスリ。笑いの健康効果に着目するドクターが,数々の実験,臨床例を紹介しながら人の心と身体の謎にせまります。



kanamori 2011年7月6日 03:27:33

昨日の,サイエンス・サポート函館「科学楽しみ隊」(ボランティアチーム)会合,メインの話は,はこだて国際科学祭2011公式ポスターとチラシの配布についてでした。

 

参加者にどこに貼りに行ける?と尋ねると,各人の馴染みのお店や生活範囲が垣間みえ,楽しかったです。

#もちろん,プライバシーには配慮しての会話です。

 

関係者が,ポスターやチラシ設置のお願いに行きましたら,ぜひご協力をお願いいたします。

また,掲示頂ける方は,お送りしますのでサイエンス・サポート函館事務局までぜひお知らせくださいませ。

B2版のポスターの他,A4サイズのチラシも同じ柄で,ポスターとしてお使い頂けます。

問い合わせ先

 

こんなポスターです。

まち中で見かけたら,はこだて国際科学祭のこと,思い出してください。

プレイベントは7月31日(日)於函館市中央図書館視聴覚ホール,

本番会期は8月20日(土)~8月28日(日)まで,五稜郭タワーアトリウム他市内各所で開催します。

参考:はこだて国際科学祭2011プログラムニュースリリース(PDF)



kanamori 2011年4月28日 11:28:08

子供の日に丸井今井函館店が開催する科学イベントの企画とコーディネートの協力をしています。
小学生を主対象とした催しです。ぜひお越しください。

子供の日特別企画
はこだて赤テント科学体験

◎2011年5月5日(木・祝)10:00~15:00

◎丸井今井函館店6階 特設会場 #おもちゃ売り場やレストランのあるフロアです。

◎入場無料

5つの体験ブースとサイエンスショーがやってきます。

 

《体験ブース》

◆エネルギーラボ(函館工業高等専門学校)

自転車発電など,電気をつくる体験をします。

 

◆いかロボットIKABO(公立はこだて未来大学)

小型のIKABO3号機と5号機が登場します。会場では操縦体験も出来るそうですよ。
参考:IKABOについて

 

◆電子工作の作品(公立はこだて未来大学迎山研究室)

「複合現実感を用いたベイブレード演出システム」
「ドロネー三角形分割を用いた拡張現実飼育箱」
が登場します。ベイブレードから火花(の映像)が出ますよ!

 

◆海の科学(北水サイエンスアシスト)

人工イクラづくりに挑戦します。

 

◆はこだて科学屋台(有限会社ともえ教材)

理科の教材を扱っている,ともえ教材さんが科学グッズをたくさんもってやってきます。

 

《サイエンスショー》

(1)10:30から (2)11:20から,の2回は上述のともえ教材さんが,手回し発電で飛ぶヘリコプターや触れるシャボン玉を披露します。

(3)13:30から,(4)14:20から,の2回は北水サイエンスアシストによるイカの解剖ショー。
イカの研究者が解説をしながら,イカをさばきます。

 

***

当日は,イカール星人ぬり絵コンテストの作品が同一会場で展示されています。
そして,イカール星人との写真撮影会も同会場で開催される,とのことです。
(丸井今井さんのチラシによると撮影会は11:30から,14:30からの2回,カメラは各自が持参。)

 

IKABOとイカ解剖とイカール星人も楽しめてしまう,子供の日の丸井今井函館店,ご来場お待ちしています。



kanamori 2011年4月22日 04:12:31

はこだて国際科学祭を主催するサイエンス・サポート函館(代表:美馬のゆり 公立はこだて未来大学教授)では,より多くの市民の方々と協働して科学に関連した催しを展開するため,下記の通りボランティアスタッフを募集します。

 

◆対象:18歳以上の,科学技術や市民活動に関心をお持ちの方。職業,性別,学歴,知識,経験は問いません。

◆活動内容:サイエンス・サポート函館の活動として行われる各種科学イベント(サイエンスカフェや実験教室等)の企画,運営や補助,広報活動,自主セミナーの開催など。

◆参加の方法:

(1)メール登録での参加
ボランティア向けにメールで協力が必要なことを連絡します。ご対応可能な時に活動にご参加いただきます。

(2)定例会への参加
月に一度の頻度で開催する定例会では,サイエンス・サポート函館の活動状況を共有するとともに,活動の分担,科学技術やコミュニケーションに関わるミニセミナー,スタッフ同士の交流を行います。

◆応募の方法
サイエンス・サポート函館事務局までお申込みください。または,定例会の会場へ直接お越しください。

 

***

◆2011年4月の定例会案内

ボランティアスタッフ向けのはじめてとなる定例会を以下の通り開催します。
見学も歓迎します。(参加したらボランティア登録しなければいけないわけではありません)
魅力的なミニセミナーも企画しています。ぜひお気軽にご参加ください。

 

日時:2011426日(火)18:00-20:00

場所:函館市中央図書館 中研修室(函館市五稜郭町261号)

対象:サイエンス・サポート函館の活動に関心をお持ちの方

事前申し込み:不要,当日会場にお越しください

内容:サイエンス・サポート函館の活動紹介の他,次のミニセミナーを予定しています。

 

話題提供者1:田柳恵美子氏(公立はこだて未来大学)

「市民/学生協働型ワークショップを主軸とした科学技術コミュニケーション教育手法の開発」

#はこだて国際科学祭2010で実施したサイエンスクイズラリーの取組を研究の視点から振り返ります。

 

話題提供者2:大塚裕子氏(公立はこだて未来大学)

著書の紹介「話し合いトレーニング伝える力・聴く力・問う力を育てる自律型対話入門」

 

◆問い合わせおよびボランティア登録申込先:

担当:金森 晶作(サイエンス・サポート函館コーディネーター,公立はこだて未来大学特別研究員)

公立はこだて未来大学共同研究センター内サイエンス・サポート函館事務局

電話:0138-34-6527 メール kanamorifun.ac.jp(*を@に替えてください。)

#サイエンス・サポート函館の活動についてはホームページでご覧になれます。

http://www.sciencefestival.jp/