‘科学祭2012’ カテゴリーのアーカイブ

kanamori 2012年7月26日 05:05:07

はこだて国際科学祭2012のプレイベントがいよいよせまってきました。
2012年7月29日(日),函館市中央図書館の視聴覚ホールを会場に行います。
午前中の研究発表と実験教室「サイエンストーク」は10-12時,午後のワークショップ「2050年委員会inハコダテ」は14-17時の開催です。
 

このエントリーでは午前中10時~12時の「サイエンストーク」を紹介します。

 

「サイエンストーク」は毎年恒例の,高校生等による科学分野の研究発表。
成果を目にする機会は少ないですが,スゴイことをやっています。

 

遺愛女子高等学校地学部の発表は「大森浜の海岸浸食 ~イカ看板のメッセージ~」

今ある砂浜が実は失われ,侵食から守るための消波ブロックを置かなければならないかも知れないこと,ご存知ですか?地形変化についての調査結果の報告です。

 

函館大学付属柏稜高等学校 理科研究部の発表は「TLCとオープンソースを用いたビタミンB2の定量化」
ビタミンB2の量を,高校の実験室でもきちんと測れるような方法を検討しました。

 

北海道函館水産高等学校海洋技術科の発表は「森川海への環境調査 Part.2」
一昨年に続く内容です。専門高等学校である水産高校が継続して取り組んできた,漁業環境の調査の報告です。

 

誇るべき成果を共有し,取り組む高校生たちを応援することが開催の趣旨の1つです。

***
 

発表を聞いた後は,発表者,参加者が共に体験する実験教室です。
扱うのは,函館特産のガゴメ昆布

実物に触れながら,専門家とネバネバの正体に迫ります。

特に来て頂きたいのは,高校生,そして,地域のこれからを考えている人たち。
高校生たちの視点や取り組みが,これからにつながると素敵です。


プレイベントの詳細はこちらからご確認ください。



kanamori 2011年12月14日 10:19:28

はこだて国際科学祭2012|会期:2012年8月18日(土)~26(日)

に向けた,アイデア共有と交流のイベント,「科学祭2012キックオフ」を開催しました。

 

当日お披露目した,2011年の科学祭をまとめた動画をご紹介。

 

当日の様子を,ハコダテ150+と,科学楽しみ隊メンバーのsen59さんのブログで取り上げて頂きました。

はこだて国際科学祭2012、キックオフ!(ハコダテ150+)

科学祭2012キックオフ(あっがいブログ±α)

このブログでも,当日出されたアイデア,意見などご紹介したいと思っています。
まずは取り上げて頂いた記事の紹介でした。



kanamori 2011年11月25日 01:19:12

チラシPDFファイル(345KB)

 

4回目を迎えるはこだて国際科学祭2012(テーマ「環境」;会期:2012年8月18~26日)に向けて,意見交換・交流のイベント「科学祭2012キックオフ」を企画いたしました。

・科学祭にアイデアや意見をお持ちの方
・プログラムの企画・運営に関わりたい方
・科学を楽しみたい方
その他大勢の皆様のご参加をお待ちしています。

◆日時:2011年12月11日(日)13:00-16:30

◆会場:函館市産学官交流プラザ オープンスペース
 函館市港町3丁目1番1号 北海道大学函館キャンパス内
 マリンサイエンス創成研究棟

◆プログラム
 13:00-13:30 講演:科学をまちに出す
  美馬のゆり(サイエンス・サポート函館代表,公立はこだて未来大学教授)
 13:30-14:30 北海道大学水産科学館見学会
  →北大・大学院生の方に解説をお願いしています!
 14:30-15:30 意見・アイデア共有のワークショップ
 15:30-16:30 懇親会 ※有料,任意参加

◆参加費
 懇親会参加の場合のみ必要:500円

◆主催:サイエンス・サポート函館
http://www.sciencefestival.jp/

◆申込・お問合せ
サイエンス・サポート函館事務局(担当:金森)

・電子メール:info◎sciencefestival.jp(◎を@に替えてください)
 ※メールフォームもご利用頂けます
 
(12月10日追記)
事前申込へのご協力,ありがとうござました。
当日参加も大歓迎です。
参加を希望される方は当日直接会場にお越しください。