‘SSHメンバーのお勧め’ カテゴリーのアーカイブ

kanamori 2011年4月28日 11:28:08

子供の日に丸井今井函館店が開催する科学イベントの企画とコーディネートの協力をしています。
小学生を主対象とした催しです。ぜひお越しください。

子供の日特別企画
はこだて赤テント科学体験

◎2011年5月5日(木・祝)10:00~15:00

◎丸井今井函館店6階 特設会場 #おもちゃ売り場やレストランのあるフロアです。

◎入場無料

5つの体験ブースとサイエンスショーがやってきます。

 

《体験ブース》

◆エネルギーラボ(函館工業高等専門学校)

自転車発電など,電気をつくる体験をします。

 

◆いかロボットIKABO(公立はこだて未来大学)

小型のIKABO3号機と5号機が登場します。会場では操縦体験も出来るそうですよ。
参考:IKABOについて

 

◆電子工作の作品(公立はこだて未来大学迎山研究室)

「複合現実感を用いたベイブレード演出システム」
「ドロネー三角形分割を用いた拡張現実飼育箱」
が登場します。ベイブレードから火花(の映像)が出ますよ!

 

◆海の科学(北水サイエンスアシスト)

人工イクラづくりに挑戦します。

 

◆はこだて科学屋台(有限会社ともえ教材)

理科の教材を扱っている,ともえ教材さんが科学グッズをたくさんもってやってきます。

 

《サイエンスショー》

(1)10:30から (2)11:20から,の2回は上述のともえ教材さんが,手回し発電で飛ぶヘリコプターや触れるシャボン玉を披露します。

(3)13:30から,(4)14:20から,の2回は北水サイエンスアシストによるイカの解剖ショー。
イカの研究者が解説をしながら,イカをさばきます。

 

***

当日は,イカール星人ぬり絵コンテストの作品が同一会場で展示されています。
そして,イカール星人との写真撮影会も同会場で開催される,とのことです。
(丸井今井さんのチラシによると撮影会は11:30から,14:30からの2回,カメラは各自が持参。)

 

IKABOとイカ解剖とイカール星人も楽しめてしまう,子供の日の丸井今井函館店,ご来場お待ちしています。



kanamori 2011年4月23日 10:47:02

函館市のポールスターショッピングセンターで,4月23日から24日まで,函館高専ものづくり成果と科学の体験展示会が開催されています。

毎年4月下旬の恒例イベントで,今年で4回目だそうです。
昨年の様子をこのブログで紹介しました。

サイエンス・サポート函館も広報協力しています。

今年は,函館高専単独の開催で,高専の学生さんが出展者として活躍していました。

 

手回し発電で飛ばすヘリコプター

 

いかロボットIKABO2号機のリモコン操縦

 

お手製のクレーンの操作

 

買い物ついでに寄れるのが良いところです。

ちなみに私は,イベントの様子をみにいったついでに,買い物してしまいました。



kanamori 2009年6月28日 08:13:42

函館で,手製のドームとプラネタリウム装置を使ってプラネタリウム上映会を行っているグループがいます。

#次回の上映会は2009年7月5日,函館市営熱帯植物園にて。
#午前10時から30分間隔で11回の上映をするそうです。
昨日,サイエンス・サポート函館と互いにサポートすることは出来ないかと,はこだてプラネタリウム同好会,代表の鎌田さん,メンバーの成田さんにお会いしてきました。hako_pura.jpg
情熱,ボランティアで可搬型のプラネタリウムを運営する行動力,感激しました。
人手不足で困っているとの話があり(今度の連続11回の上映会は2人のスタッフで解説にあたるそうです),人が繋がる仕組みをつくって行こうと盛り上がりました。
実際,サイエンス・サポート函館では様々な方からお手伝いしますよーという申し出を頂いています。また,8月にははこだて科学寺子屋がはじまり,科学やまちづくりに興味のある方の新たな交流も生まれます。
***
手製のプラネタリウム上映,ご興味のある方はぜひ函館プラネタリウム同好会,あるいはサイエンス・サポート函館までご連絡ください。


kanamori 2009年6月11日 06:27:16

先日連載を開始した「となりの科学者さん」では深海に極限微生物を追う研究者を取り上げましたが,またもや深海ネタのイベントを紹介します。

susan_salon.jpg
水産科学館・土曜サロン
第1回
深海魚―暗黒街のモンスターたち―
講師 尼 岡 邦 夫
(北海道大学名誉教授)
光の届かない暗闇の深海にはきわめてユニークな魚がすんでいます。竿の先に
光るルアーをもつ魚、雄が雌に寄生するチョウチンアンコウ、望遠鏡のような眼の
デメニギスなど、いろいろな深海魚の形、特技などをご紹介します。
場所:北海道大学函館キャンパス総合博物館分館水産科学館
日時:平成21年6月20日(土) 午後2時から(約1時間)
お問合:総合博物館分館水産科学館 電話0138-40-5553
***
北海道大学函館キャンパスの中にある,水産科学館でのイベントです。
実は,函館にも「科学館」と名の付く施設があるのです。
ちょっと古い建物ですが,中には部屋を埋め尽くすほど大きなクジラの骨格標本や,海獣の剥製など,圧倒される展示があります。
また,北前船模型の展示も充実していました。
以前,私が訪ねたときは,司馬遼太郎の菜の花の沖を読んだ直後だったのですが,小説で触れられている弁財船の構造を実物でみることが出来て感激しました。
まだ足を運んだ事のない函館の方は,これを機会にぜひ一度行ってみてください。
***
講師の尼岡さんについて,ちょっとインターネットで調べてみました。
一般向けの著書が何冊もある方です。
最新刊は2009年4月(最近ですね!)発行の「深海魚 暗黒街のモンスターたち」。
そっか。
深海はリアルに光が届かない暗黒の世界なのです。
略歴から察するに,魚の分類については生き字引のような方でしょう。
これは,面白い話がいろいろと聞けそうです。
***
水産科学館の土曜サロンという企画自体については詳しいことを知らないのですが,サイエンスカフェ,あるいはギャラリートークのような試みと思います。
引き続き注目していきます。


kanamori 2009年2月23日 02:44:12

まずはこちらを。

イカール星人vsタワーロボ激闘編,最新作です。
最も話題となった,
函館壊滅!?タワーロボVSイカール星人~ロングバージョン~
の続編にあたります。
未視聴の方はこちらもどうぞ。

サイエンス好きとしては,サイエンスフィクションにきゅんとなってしまいます。
そして,小ネタが効いているところも素晴らしい。
今回の見所は,あの要塞から飛び出した,五稜郭タワーアトリウムに飾られているような大砲と,空中要塞による,勇者ライディーンが変形したゴッドバードのような攻撃スタイル。
オチも好きです。
私,他所から函館に来た人間なので。

***
この動画のいち早い情報はハコダテ150に掲載されていました。
函館の今を捉える情報収集能力とイベントの速報性に脱帽です。
今の函館を知りたい方はハコダテ150を,そして函館の科学ネタを知りたい方は,
私たちの,市内近郊のサイエンス情報をご活用ください。



kanamori 2009年1月31日 12:46:56

イベントの紹介です。

函館・大間周辺の「活断層」について ~変動地形学からみた津軽海峡圏~
渡辺満久 東洋大教授(変動地形学)による講演会

■日時:2009年2月8日(日)午前10時30分-午後12時30分
■場所:サンリフレ函館(函館市大森町2-14)
■参加費:500円
■申込先: 2・8渡辺満久講演会実行委員会 電話0138-51-9718
資料,立体視メガネの用意があるので事前申し込みをお願いします。
■主催: 2・8渡辺満久講演会実行委員会
■後援:函館市、函館市教育委員

大間,活断層とキーワードが続くと連想されるのは「大間原子力発電所」です。
ですが,配布されているイベント案内では原子力発電所については言及されていませんでした。
気になって,どのような立場の方がこの講演会を企画されたのか実行委員会に問い合わせてみました。

企画には大間原発の建設に対して反対の方も一部加わっているそうですが,原発建設反対を訴えることを意図したイベントではなく,タイトルの通り地形学の講演だそうです。
赤青の立体視メガネの用意もあるそうです。きっと地形学者がどのように地形をみているのかその一端を知ることが出来るのではないでしょうか。

(さらに…)



kanamori 2009年1月17日 10:30:19

自然史研究ネットワーク2000「みなみ北海道」の講演会で
コーディネーターの金森が話をさせて頂くことになりました。

一般の参加も可能とのことですのでご案内します。

日時:2009年1月24日(土) 14:00~16:00(講演会)、16:00~17:00(総会)

講演1
演題:雪氷圏の広がりとアイスコアハンター達の活躍
金森晶作さん(公立はこだて未来大学特別研究員)

講演2
演題:(仮)ケニアのエコツーリズム
荒井一実さん(北海道渡島支庁)


簡単にサイエンス・サポート函館の紹介をした後,
雪氷圏の話,アイスコア研究の話をさせて頂く予定です。
拙講演についてはこちらが参考になります。
#ちょっとネタばれ気味です。

ありがとう金森くん@今日もCoSTEP

NASA | A Short Tour of the Cryosphere(英語の動画ですが,言葉がわからなくても楽しめます)



kanamori 2009年1月17日 10:13:50

札幌での企画なので,函館周辺の方にはちょっと遠いですが。
もし札幌雪祭りまで足をのばすならおすすめなのが,
もうひとつの雪祭り
札幌雪祭り開催中の2009年2月6日から9日,雪祭りの大通り会場の近く,
リンケージプラザ(北1西9)にて開催されます。

プレスリリースには,

本事業は市民、観光客、アーティストを対象にした参加型アート・イベントです。
第60回さっぽろ雪まつりの大通公園会場開催にあわせ、「鑑賞型ゆきまつり」とはひと味違う、札幌ならではの「雪のおまつり」の新提案を、アート、自然科学の分野から行うものです。

本イベント、Sapporo II Projectのテーマは札幌市が築き上げてきた「除雪システム」を札幌独特の文化財産と捉え直し、制作者が除雪の知恵を駆使し技術を取り込みながら、新しいアート活動、作品制作へと展開させるというユニークな試みです。さらに、札幌市博物館活動センターの参加により、創造性を秘めた素材である「雪」について科学的な知識を深め、新しい視点と感覚で「雪と生活する実践の場」を提供するイベントでもあります。

とあります。
雪まつりを,雪像の鑑賞から,より雪に親しみ楽しむ趣向に持っていくセンスがすごいです。



kanamori 2009年1月15日 05:40:26

先日,東京国際科学フェスティバルについての記者会見がありました。
三鷹市を中心に,2009年9月12日(土)~27日(日)の16日間の日程で科学フェスティバルが行われます。

実は,昨年11月に行われたサイエンスアゴラ2008にて,2009年から科学祭を行う函館市と三鷹市の市長を招いてのパネルディスカッションが行われました。

nishio_kiyohara.JPG

サイエンスアゴラのパネルディスカッション後,一緒に盛り上げていこう,という西尾函館市長と清原三鷹市長の握手シーンです。
#なかなか使う機会のないと思って撮った写真をやっと公開です。

地域から科学文化を醸成していこうという点で函館も,三鷹も共通しています。



kanamori 2009年1月8日 10:18:16
北海道で宇宙開発に取り組まれている,
カムイスペースワークス 植松努さんの講演会が1月24日に函館国際ホテルで行われます。
植松さんについては以下のインタビュー記事が詳しいです。
私(コーディネーターの金森)は植松さんのロケット教室のお手伝いをさせて頂いたことがあるのですが,真剣に夢を語る素敵な方です。
植松さんの話を聞いて,「夢を持て」いうのが空虚で無責任な言葉だな,と感じていた私の意識に強烈な一撃が叩き込まれました。
お勧めの講演会です。
講演会の詳細な情報は以下をご参照ください。
———-

植松努氏 特別講演会

1.講師:株式会社カムイスペースワークス
代表 植松努 氏

2.日時:平成21年1月24日(土)
開場 午後1時40分の予定
開演 午後2時00分
(講演は約2時間)

3.会場:函館国際ホテル
函館市大手町5-10

4.ご招待数:200名様無料ご招待

5.申し込み方法:
往復はがきに「郵便番号,住所,氏名,年齢,職業」を記載のうえ,下記宛に郵送にてお申し込み下さい。
はがき1枚で「2名様まで」のお申込みができます。

6.申込〆切:平成21年1月10日(消印有効)

7.注意事項:
往復はがき以外でのお申込みは無効となります。
ご参加は,高校生以上に限らせていただきます。
応募多数の場合は,先着順とさせていただきます。

8.申込先:
〒040-0032
函館市新川町1-24 しんかわクロスビル6F
函館方面遊技業協同組合 植松努講演会 係

※お問い合わせは,函館方面遊技業協同組合 事務局までお願い致します。(担当:豊原)
TEL.0138-27-7779
FAX.0138-27-7784