‘紹介’ タグのついている投稿

kanamori 2009年5月31日 02:53:00

先日のブログ記事,記者発表を控えて(2009年5月23日)について,

ブログ「Science and Communication」のK_Tachibana さんから以下のようなコメントを頂きました。

> 理想を持つこと自体は良いことですが,同時に,
> 様々な人が感じる意味,価値,効果を大事に紡い

> でいくことも大切ですね。

むしろ「様々な人が感じる意味,価値,効果を大事に紡いでいくこと」を重視していただけると嬉しいですね.事務局の方がつくった器の中で「観光する」というのではなく,「共創する」といった科学祭を期待しています.

K_Tachibanaさんは,日本全国で行われている,サイエンスカフェをはじめとする科学技術コミュニケーション活動をブログで頻繁に取り上げておられ,はこだて国際科学祭やサイエンス・サポート函館についても何度も取り上げて頂きました
#webで手に入るはこだて国際科学祭についての情報をほとんど網羅して紹介,コメント頂いている状況です。

さて,K_Tachibanaさんのコメントを読んで,思ったのは,K_Tachibanaさんは既にはこだて国際科学祭を「共創」している!ということです。

はこだて国際科学祭のような科学イベントの集合体が,単なるイベントの集合ではなく,「祭」となるには集合体による付加価値があること,それから盛り上がりの雰囲気が必要です。
K_Tachibanaさんはこの夏,北海道外よりはこだて国際科学祭に参加するために知人の方々と函館に来てくださるそうです。

はこだて国際科学祭のために函館へ!


新たな価値を函館につくろうとしている私たちにとって,何よりもうれしい応援です。そしてそのことを盛んに発信頂き,盛り上げて頂いています。

これは,共に科学祭を創ることだと思うのです。


***


以下,K_Tachibanaさんへのお返事にかえて。

今年のはこだて国際科学祭2009はサイエンスアゴラ東京国際科学フェスティバルのような出展公募を行っていないので,個々のイベント運営に実行組織や連携組織外の方が関わるのは難しいです。
#当初は公募出来る場所を予定していたのですが,会場設計の都合から,難しくなってしまいました。

しかしながら,K_Tachibanaさんのように積極的に情報を収集し,コメントと共に紹介してくださる,応援団のような参加の仕方をしてくださる方もいます。
#例えば,ハコダテ150ありあさん若だんなさんさかさパンダさん等。

K_Tachibanaさんには,はこだて国際科学祭をきっかけに,函館観光も楽しんで頂き,そして「単なる観光に来たのではない」という視点からのはこだて科学祭の楽しみ方も紹介頂ければなあ,と図々しいことを考えています。

ぜひ,一緒にはこだて国際科学祭を育てて頂ければと思います。

人手が限られており,また,はこだて国際科学祭にご協力頂く方々に気持ちよく関わって頂くための調整等もあり,なかなか企画の過程を発信出来ずにおりますが,このブログでは引き続きコーディネーターとしての視点から各種情報を発信するよう努力していきます。


***


webでは,先日,はこだて国際科学祭を主催する「サイエンス・サポート函館」実行委員渡辺保史がWired Visionのブログに記事を書きました。

科学祭は都市再生の起爆剤となるか?(2009年5月27日)
渡辺保史の「コミュニケーションデザインの未来」

この記事を受けて,大学プロデューサーズ・ノートでもはこだて国際科学祭の取り組みをご紹介頂きました。

科学を楽しみながら、人がつながる 「はこだて国際科学祭」
大学プロデューサーズ・ノート【早稲田塾】

私たちの意図を存分にくみ取って頂いてうれしいです!

はこだて国際科学祭についての記者発表は6月1日午後に函館市役所にて行い,同時にサイエンス・サポート函館のホームページも大幅リニューアルしてはこだて国際科学祭についてご紹介します。

ご注目ください。

#このブログについては人手不足とコーディネーターの段どりの悪さから体裁のリニューアルが遅れそうですが,公開を中断せずに続けていきます。



kanamori 2009年4月15日 11:01:32

カイ」という季刊誌をご存じでしょうか?

昨年10月に創刊された「北海道を探しに行く」雑誌です。
北海道内のコンビニ,書店で手に入ります。
#詳しくはリンク先をご覧ください。
私が手に取ってみたのは第2号からですが,
北海道生まれの私にとって,個人的なツボにはまる雑誌でした。
北海道大学の天塩研究林
同じく北海道大学の総合博物館
そして,人類最古のウィンタースポーツ,雪合戦を本気でスポーツとして発展させようという昭和新山国際雪合戦大会実行委員長の記事。
なんて北海道のコアな部分をつく誌面なのだと舌を巻きました。
そんな「カイ」の新しい試み,カイ路地というトークイベントが4月25日札幌ではじまります。
第一回にはサイエンス・サポート函館代表の美馬のゆりがゲストとして登場します。

「科学、あるいは農という分野で、大人は何を学び、どう楽しめるのか。」
科学は北海道探しの重要なテーマの一つ,かつ大人も学び,楽しめるものなのです。
札幌近郊にお住いの方,ぜひぜひ足を運んでみてください。
会場となっている紀伊国屋書店のインナーガーデンは開けた,明るい雰囲気のある素敵な場所です。
以下,カイwebサイトの案内転載します。

季刊誌『カイ』が、定例トークイベント「カイ路地」を開催します。
テーマは「北海道を探しに行こう」。
科学、あるいは農という分野で、大人は何を学び、どう楽しめるのか。
その先にどんな北海道が見えてくるのか。

フリーキャスター・林美香子、はこだて未来大学教授・美馬のゆり、
酪農学園大学理事長・麻田信二の3氏による公開座談。

北海道を探しに行こう。[カイ路地]vol.1
●開催日時:2009年4月25日(土)16:00-17:30
●開催場所:紀伊国屋書店札幌本店1F
(札幌市中央区北5条西5丁目 sapporo55ビル インナーガーデン)
●入場無料



kanamori 2008年12月1日 05:18:00

ロボットフェス・インはこだての発行するイカロボニュース第7号に気になるニュースを見つけました。

YouTubeへの投稿シナリオ募集中!
イカロボットのイカボーが地球を攻撃するイカール星人の手先となってユーチューブに登場した
・・・らしいのです。

科学技術といえば,巨大ロボやSFに想いを馳せる方は多いはず。
科学を伝える人として名を馳せる東京大学の内田麻里香さんも本格的に理系への道を歩みはじめるきっかけはガンダムだったそうです。

早速検索してみました。

「函館滅亡!? イカール星人襲来」

3分間のロングバージョンも。

タワーロボvsイカール星人(3分 ロングバージョン)

科学技術へ関心を持つきっかけは,例えばこんなのが良いのです!!

そして何よりも。

「観光はお早めに!」

もっと早くブログに掲載すべきことがあるのに,興奮して思わず紹介してしまいました。

追記:
五稜郭タワーロボがっっ!@8mm工房社長日記
◆必見◆宇宙人が函館を破壊!?@8mmフィルム工房社長日記

函館市から委託を受け,8mmフィルム工房の株式会社シンプルウェイさんが制作した動画だそうです。
函館市役所のセンスも,凝ったものをつくった8mmフィルム工房さんも,スゴイ。

こちらを紹介しないのは片手落ちでした。
函館の新しい魅力をお届けする動画ウェブサイト
はこだてCM放送局~HakoTube~
函館市観光コンベンション部ブランド推進課が運営する,ハコダテPR動画のサイトです。
イカール星人の動画もこちらにまとめられています。



kanamori 2008年11月21日 05:45:00

サイエンス・サポート函館の実行委員会メンバーたちの中で,アラスカの高山で氷河のボーリングをやっていたなんていう私は十分変り種ですが,ひとと,まちで,面白いことをやるという感性に磨きをかけてきた変り種の実行委員の方もいます。

そんな方々から教えてもらった,「こんなことやってみたい!」を紹介します。。

まずは科学寺子屋担当のWさんに紹介された,ロワイヤル・ド・リュクス

ビルほどの高さがある巨大少女と巨象のからくり人形が数日間に渡りストーリー性のあるパフォーマンスを繰り広げます。。
Wさんは函館の造船技術やイカロボットの技術を駆使して巨大なイカが函館に上陸するようなパフォーマンスを夢見ています。息子さんとお風呂の中でストーリーまで考えたそうです。
リンク先の関心空間さんによると,横浜の開講150年記念で来るようです。
全く同じものかどうかはわかりませんが,これは観てみたいです。

もう一点,科学祭担当のKさんからこんなのやりたいと紹介された,
Make Tokyo Meeting 02

これまたすごいです。
科学技術を駆使してつくられた,面白いものたち。
簡単には言い表せないのでリンク先をみてください。

才能の無駄遣い感が漂うところがいいです。

詳しいレポートはこちら。
CBCNET
Make: Tokyo Meeting02 レポート!
http://www.cbc-net.com/article/2008/11/make_tokyo_meeting02.php