‘雪’ タグのついている投稿

kanamori 2009年2月5日 05:54:07

小ネタ3題です。
その1。1月24日に自然史研究ネットワーク2000「みなみ北海道」の講演会で氷コアの話をしてきました。

#私,金森はサイエンス・サポート函館のコーディネーターですが,同時に雪氷学の研究者でもあるのです。

自己紹介ではサイエンス・サポート函館と,はこだて国際科学祭のPRも一緒にさせて頂きました。
上でリンクしたwikipediaの記事では南極やグリーンランドの氷床コアの話題ばかりですが,世界各地の高山を飛び回り,山岳氷河から氷コアを掘り出すひとたちもいます。
私自身も関わっている,氷コア研究の紹介をしました。

polar.jpg

その2。
夜のイカロボット,イカボ。
冬の函館,日中はタワーロボと戦闘中のようですが,夜は函館郊外の大学で眠っているようです。

ikabo.jpg

イカール星人の操る巨大イカロボット対タワーロボ,続編の動画はこちら。


その3。
2月5日,FMいるか「暮らしつづれおり」の人ネットワークのコーナーに出演させて頂きました。
FMいるか 807BLOGにも紹介して頂きましたよ!



kanamori 2009年1月17日 10:30:19

自然史研究ネットワーク2000「みなみ北海道」の講演会で
コーディネーターの金森が話をさせて頂くことになりました。

一般の参加も可能とのことですのでご案内します。

日時:2009年1月24日(土) 14:00~16:00(講演会)、16:00~17:00(総会)

講演1
演題:雪氷圏の広がりとアイスコアハンター達の活躍
金森晶作さん(公立はこだて未来大学特別研究員)

講演2
演題:(仮)ケニアのエコツーリズム
荒井一実さん(北海道渡島支庁)


簡単にサイエンス・サポート函館の紹介をした後,
雪氷圏の話,アイスコア研究の話をさせて頂く予定です。
拙講演についてはこちらが参考になります。
#ちょっとネタばれ気味です。

ありがとう金森くん@今日もCoSTEP

NASA | A Short Tour of the Cryosphere(英語の動画ですが,言葉がわからなくても楽しめます)



kanamori 2009年1月17日 10:13:50

札幌での企画なので,函館周辺の方にはちょっと遠いですが。
もし札幌雪祭りまで足をのばすならおすすめなのが,
もうひとつの雪祭り
札幌雪祭り開催中の2009年2月6日から9日,雪祭りの大通り会場の近く,
リンケージプラザ(北1西9)にて開催されます。

プレスリリースには,

本事業は市民、観光客、アーティストを対象にした参加型アート・イベントです。
第60回さっぽろ雪まつりの大通公園会場開催にあわせ、「鑑賞型ゆきまつり」とはひと味違う、札幌ならではの「雪のおまつり」の新提案を、アート、自然科学の分野から行うものです。

本イベント、Sapporo II Projectのテーマは札幌市が築き上げてきた「除雪システム」を札幌独特の文化財産と捉え直し、制作者が除雪の知恵を駆使し技術を取り込みながら、新しいアート活動、作品制作へと展開させるというユニークな試みです。さらに、札幌市博物館活動センターの参加により、創造性を秘めた素材である「雪」について科学的な知識を深め、新しい視点と感覚で「雪と生活する実践の場」を提供するイベントでもあります。

とあります。
雪まつりを,雪像の鑑賞から,より雪に親しみ楽しむ趣向に持っていくセンスがすごいです。