集中講座

科学技術コミュニケーション入門(はこだて科学寺子屋集中講座)

「科学」と「函館」の未来について、市民と学生が一緒に学ぶ3日間


函館地域には、たくさんのイベント・フェスがあります。今年の科学寺子屋集中講座では、イベントに関わっている人、関わりたいと思っている人同士の対話や相互理解を経て、イベント・フェスを分析し、ワクワクする仕掛けを考えます。また、自分の特技や関心をもとに、実施にイベント案を作ってみましょう。

講座概要

日時 2017年9月9日(土)・10日(日)・11日(日)
10:00-17:30
会場 9月9日
函館市地域交流まちづくりセンター (函館市末広町4-19)
9月10日・11日
函館コミュニティプラザ Gスクエア (函館市本町24-1シエスタハコダテ4階)
受講料 無料
対象 一般市民および学生
定員 30名/要申し込み、先着順
※1日目9/9のみの参加は申込不要
講師 須子善彦(ビジネス・ブレークスルー大学准教授/公立はこだて未来大学非常勤講師)
主催 サイエンス・サポート函館

はこだて科学寺子屋チラシPDF

プログラム

9/9(土)

函館を代表するイベント・フェスを深掘りしよう
函館地域には、たくさんのイベント・フェスがあります。今年の科学寺子屋集中講座では、イベントに関わっている人、関わりたいと思っている人同士の対話や相互理解を経て、イベント・フェスを分析し、ワクワクする仕掛けを考えます。


ゲスト講師
田村昌弘(函館西部地区バル街/世界料理学会 in Hakodate)
ふくだたくま(はこだて国際民俗芸術祭)
美馬のゆり(はこだて国際科学祭)

9/10(日)

「わたし」から始まるイベントを創ろう
昨今は小さな組織や個人でも容易にイベントを企画・実施することが出来ます。参加者の皆さんの特技や関心を活かしたイベント案をつくってみましょう。


ゲスト講師
前川未来(函館蔦屋書店 イベント・コミュニティ担当)

9/11(月)

イベント・フェスを支えるアイデアソン・ハッカソン
「イベント・フェスの担い手を支援するサービス」をテーマにアイデアソン、ハッカソンを行います。


※アイデアソン・ハッカソンとは
アイデア+マラソン、ハック+マラソンの略で、複数の人数で長時間あるテーマに対してアイデアを出し合ったり、試作版を開発する会のことです。

主担当講師プロフィール

須子善彦 (ビジネス・ブレークスルー大学准教授/公立はこだて未来大学非常勤講師)
1979年生まれ。昨年東京より家族で函館にUターン。通信制(ネット)大学で経営やITを教えると共に、市民一人一人の「自分たち事」からまちづくり等のアクションを創出する手法「マイプロジェクト」の普及のために日本各地を飛び回る。

この講座はキャンパス・コンソーシアム函館単位互換制度対象科目 (主管校:公立はこだて未来大学) として実施されます。単位は2単位となります。


単位履修の問合せ・申し込み

所属の大学・高専事務局までお問い合わせください。
申し込み期限8月25日(金)


一般の方のお問い合わせ・申し込み

2日目、3日目の受講希望者は申し込みをお願いします。参加日、氏名をお問い合わせフォームよりご連絡ください。
または、平日9:00-17:00に電話でお申込みください。 TEL0138-34-6527 (担当:金森)
定員となり次第、締め切ります。
※1日目のみの参加は申し込み不要です。直接会場にお越しください。