サイエンス・サポート函館とは

科学を文化に!ロゴマーク

サイエンス・サポート函館は、函館圏において科学コミュニケーション活動とそのネットワーク作りを行う連携組織です。

2010年度までの3年間、独立行政法人科学技術振興機構(JST)「地域ネットワーク支援」を受けて活動してきました。

2011年に函館の行政組織、高等教育機関、公的支援機関等によって支える新たな体制となり、2013年4月現在、次の参加機関によって組織しています。

サイエンス・サポート函館では次の体制で活動しています。

・運営委員会|実務担当者による委員会(メンバー一覧
・評議会|参加機関からの評議員と外部有識者による評価のための委員会
科学楽しみ隊|一般市民からの有志によるサポートチーム

サイエンス・サポート函館は次の3つの事業を行っています。

はこだて国際科学祭

日本を代表する、子どもから高齢者までの多様な参加者を対象とした地域ぐるみのサイエンスフェスティバルです。
2009年にスタートし、毎年8月の最終日曜日までの9日間を会期としています。
五稜郭タワーアトリウム、函館市地域交流まちづくりセンター、函館市民会館等、市民が集う函館市内の複数の場所を会場とします。
サイエンス・サポート函館や参加機関が主催するプログラムの他、企業の社会貢献活動プログラム、NPO主催プログラム等で構成し、函館内外からの様々な出展・協力により開催します。

最新の情報はこちら

はこだて国際科学祭2015

テーマ「みんなの環境もんだい 環境って、なにが「問題」なんだろう?」

7回目の科学祭は、プレイベントを含め合計33のプログラムを実施し、のべ13,000人の方に参加頂きました。函館内外から97の団体、個人に出展協力頂きました。
年替りの3つのテーマ「環境」「食」「健康」のうち、2015年は「環境」の年でした。プログラム編成と企画展制作に際しては、人間と自然の関わりや、自分と世界の結ぶつきを意識しました。

はこだて国際科学祭2015実施報告書
はこだて国際科学祭2015公式ガイド
はこだて国際科学祭2015企画展「みんなの環境問題 世界と君は響き合う」ブックレット

はこだて国際科学祭2014

テーマ「みんなの健康マルシェ キミからはじまるまちの元気!」

6回目の科学祭は、テーマに関わる健康関連の催しを中心に、プレイベントを含め合計31のプログラムを実施し、のべ12,000人の方に参加頂きました。函館内外から80を超える団体、個人に出展協力頂きました。
「健康マルシェ」は、自分自身と地域の人々の健康について、考えたり語ったり楽しく学ぶために集まる場です。自分の心身について考えることは、地域全体の健康、ひいては地域の営み全体に関わることです。キャッチコピー「キミからはじまるまちの元気!」には個人と地域のつながりについての思いを込めました。いくつものプログラムを通して、生活習慣、運動習慣、健康診断、災害派遣医療、スポーツ遺伝子研究やアスリート育成など、様々な側面から、未来の函館と健康について考えました。

はこだて国際科学祭2014実施報告書
はこだて国際科学祭2014公式ガイド
はこだて国際科学祭2014企画展「みんなの健康マルシェ」ブックレット

はこだて国際科学祭2013

テーマ「みんなの食卓」

5回目の科学祭は、年替わりの3つのテーマ<環境>、<食>、<健康>から、<食>を扱いました。「みんなの食卓」をテーマに、プレイベントを含め合計31のプログラムを実施いたしました。
大型パネルによる企画展『みんなの食卓 もう一度、「いただきます」からはじめよう。』では、食卓をめぐる函館地域の話題を中心に、私たちの食卓の背景、世界とのつながりについて取り上げました。
オープニングの対談型講演会「サイエンスダイアログ」やシンポジウム形式の「科学夜話スペシャル」など、未来の食について真剣に考える催しや、科学と音楽演奏を楽しむサッポロビール提供のサイエンスライブ、サイエンスショー、科学屋台、新企画「科学演劇」をはじめとするエンターテインメント性の高い催し、じっくりと学ぶ実験・体験教室などを実施しました。特に、夏休み期間に合わせて拡充したプレイベントは、「コカ・コーラクイズ電車」をはじめとする企業の社会貢献活動によるプログラム、新たに企画した「大人のキッチンサイエンス」など、昨年までの1~2件を上回る7件ものプログラムで充実しました。

はこだて国際科学祭2013実施報告書 [3.4MB]

はこだて国際科学祭2012

テーマ「海・環境・はこだて」
スローガン「科学はキミと語りたい」

4回目の科学祭は、「海・環境・はこだて」をテーマに、プレイベントを含め合計21のプログラムを実施いたしました。メインプログラムの1つ、企画展「人間・海の資源-科学技術は誰のもの?- 」はこの科学祭のために制作したオリジナルの作品です。
海と環境をテーマに、新しい水産科学を紹介し、未来の生活を共に考えるパネル展示を、多くの協力を得て制作しました。
他にも、音楽と科学の話題を楽しむサイエンスライブ、人気キャラクターのQooちゃんが登場するサイエンスQooをはじめ,子どもから大人までが楽しめる科学屋台やサイエンスショー、科学技術の専門家と語らう科学夜話、科学と社会の問題について考えるシンポジウムやワークショップ、市民有志のスタッフを中心に企画し科学の視点からまちを再発見するサイエンスクイズラリーなど、多様で充実したプログラム構成となりました。

はこだて国際科学祭2012実施報告書 [4.1MB]

はこだて国際科学祭2011

テーマ「はこだて・健康・みらい」

3回目の科学祭は「はこだて・健康・みらい」をテーマに、合計22のプログラムを実施いたしました。約300冊の絵本展示「絵本カーニバルin科学祭」、ワインの話とオペラを楽しむサイエンスライブ「北海道のワインを科学する」、人気キャラクターQooの体操と函館大谷短期大学の光る影絵によるショー・サイエンスQoo「ちゃんとたべよう体操」をはじめ、サイエンスショー、サイエンスカフェ、講演会、実験教室、科学屋台、クイズラリー、絵本読み聞かせ、パネル展など、多彩な構成となりました。また科学夜話スペシャルでは、NHK放送文化研究所の七沢潔様に社会的な関心が高い放射能汚染の話題についてご講演頂きました。

はこだて国際科学祭2011実施報告書 [4.0MB]

はこだて国際科学祭2010

テーマ「食の未来を函館から考える」

日本科学未来館企画制作の’おいしく、食べる’の科学展、サイエンスライブ2010[ビールを科学し、JAZZを味わう]、『ドナルド・ワークショップ』~食べることについてかんがえよう~、ドナルドの食育教室、貸切路面電車を会場としたサイエンスショー・S列車で行こう!など、27のプログラムを開催しました。

はこだて国際科学祭2010実施報告書 [6.1MB]

はこだて国際科学祭2009

テーマ「函館から地球の環境を考える」

初来日公演となったドクター・バンヘッドサイエンスショー、シンガーソングライターのあがた森魚氏・天文学者の海部宣男氏の共演によるサイエンスライブ「宇宙をうたう」、科学の他、グローバルな問題を扱った展覧会「ワールドプロセッサー」インゴ・ギュンター108の地球展など、19のプログラムを開催しました。

はこだて国際科学祭2009実施報告書 [1.6MB]

はこだて科学寺子屋

科学・地域コミュニケーションに取り組む人材育成の取組みを行っています。毎年夏季に行う集中講座では学年・所属校が異なる学生と社会人が共に科学技術コミュニケーションの概論を学び、はこだて国際科学祭の実際の企画につながるワークショップや課題に取組みます。また、科学実験のデモンストレーションや、地域メディアの話題などのテーマを絞った講座や、科学楽しみ隊メンバーとの企画作りのワークショップも行っています。

最新の情報はこちら

はこだて科学網

日常的に科学に触れる機会をつくるためのネットワークとして、各種依頼に応じての科学イベント出展とコーディネート、函館圏の科学イベント等の情報集約と発信、そして函館WAKOビルでの隔月科学イベントを実施しています。科学イベント出展では、発電実験を体験出来る「函館高専エネルギーラボ」を中心に、函館圏で科学と関連する多様な出展者が登場します。目印は赤いテントです。

最新の情報はこちら

当ウェブサイトへのリンクには以下のバナーをご利用出来ます